« Dive into Wakasa ~パパラッチ~ | トップページ | ベネ2歳になったよ! »

2010年1月14日 (木)

サルーキ派?ボルゾイ派?それとも?

Img_1485
モネ「もちろん僕やんね?」
ベネ「いやいや僕僕」


キッド「俺は断然サルーキ!」


嫁「私はボルゾイのほうがいい!」


キッド「なんで?」

嫁「だってサルーキってめっちゃ自分本位やん?」


キッド「そこがええんやんか~。自分の思い通りにいかんと今何考えてんのかなぁ?とか考えるのが楽しいのに」


嫁「そんなんいややん。呼んだらすぐ来て欲しいし~」

Img_8799
ベネ「じゃぁお父さんは僕のこと嫌いなん?」
レイ「おかぁさんは僕のこと嫌い?」


キッド「そんな極端なことはないよ~。犬種としてボルゾイよりもサルーキが好きって話やで」


嫁「私はレイちゃんしょっちゅうおしっこするしちょっと・・・」



キッド「((((;゜Д゜)))えええええええええええ」


嫁「まぁ子どものうちだけやからええねんけどな(´з`)y-~」


じゃぁサルーキとボルゾイを前回に引き続き比較してみたいと思うんだ


性格
サルーキ:自立心が強く、尊厳があり、警戒心が強く、最も信頼する人間を1人~2人選び愛情を示す。
『サルーキーは感情移入できる、敏感な、そして精神的にバランスの取れた人間にのみ譲渡するべきである。サルーキーに対して使役犬のような性質を期待せず、パートナーとして一緒に過ごす時間を純粋に喜びとしている人間が良い。』
といわれるほどです。

ボルゾイ:優しくおとなしい。少し天然。知らない人には最初警戒するが、打ち解けると友情が芽生える(サイトハウンド中もっとも人懐っこい)。アルファ化しやすい子もいる

人気度:
ボルゾイ:39位
サルーキ:55位
(社団法人ジャパンケンネルクラブ・2008年度犬種別登録件数より)

頭の賢さ:
サルーキ:43位
ボルゾイ:75位
INTELLIGENCE OF DOGSより)

歴史:
サルーキ:7000年前。2004年のサイエンス誌でDNA鑑定の結果サルーキがもっとも古い犬種であるとの論文が掲載された。
ボルゾイ:16世紀~17世紀頃?19世紀まで7種のタイプのボルゾイがいたそうで、その中の1種、パキーノというタイプがアメリカ等に輸出されたそうな。

速さ:
サルーキ:時速77キロ
ボルゾイ:時速60キロ?

運動量:
どちらも非常に多いです
ただ、

「サルーキーは本来原産国での歴史的飼育条件から自由を好む犬種であり、
必要運動量も多く、またどんなに広い庭で遊ぶことができてもけっしてそれだけでは満足しないのである。
柵で囲われた庭は所詮「庭」であり、外界と遮断されていることをサルーキーは気付くのだ。」

と言われるなどサルーキの方がより自由運動が重要になってくるような気がします。


さて走り方を見てみましょう

Img_1412

Img_1413

Img_1352

わかりますでしょうか?

脚の動き、体の収縮に違いが見れるような気がしませんか?


別角度から

Img_1404

Img_1406

Img_1405

もともとの生息地の違いが走り方や体型に大きな影響を与えているのように感じます

ボルゾイは前肢で大きく地面を蹴り上体を持ち上げ背骨のばねをうまく使い進んでいるように見えます

一方サルーキは前肢を後ろに蹴り、体はあまり上下していないように見えます


ボルゾイは足場の悪い場所、サルーキは平地を走るのに適しているんじゃないかな?



という妄想話ですが・・・・



まぁなんだ2種をいくら比べようとも2種それぞれに魅力があるんだからほぼ全く言うことを聞かない犬か、少しは言うことを聞く犬どっちが好きか?ってことで結論づけようと思うんだ


嫁「わたしは(ボルゾイじゃなく)ベネが好き!」



Σ(゜Д゜)なんじゃそりゃ~~~!!!!

にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへにほんブログ村 犬ブログ サルーキへ

一日一回ぽちっと応援よろしくお願いします
さてあなたはどっち派?

|

« Dive into Wakasa ~パパラッチ~ | トップページ | ベネ2歳になったよ! »

コメント

面白い~~こんなん好き~~
ある本のサルーキの記載に、
「 留守番できない犬 」 って、書いてあったよ!
犬の中で最もストレスに弱いのもサルーキだもんね!
んで、自分本位なのね、、、難しい犬だこと。。

でも解るなぁ~ママさんの最後の一言、、、
見た目じゃなくって人柄なのよね~いや、犬柄か!

投稿: ふくママ | 2010年1月15日 (金) 00時53分

ふくママさん
いやぁ喜んでいただけて幸いです
本当はもう少し詳しく色々書きたかったんですが
諸説あるものが多くてうまくまとめられなかtt
留守番できない犬っていうのは当たってるような気がしますね
徐々にトレーニングすれば大丈夫ですが、失敗すれば家が破壊されますw
まぁどこの家でも自分の犬が世界で一番かわいいんです('∇')

投稿: KID★ | 2010年1月15日 (金) 01時43分

いやぁ~こういう写真の比較って面白いですね!!
じっくり拡大してみちゃった^^
奥様の言う事わかります!!!
ボルゾイじゃなくってラピスが好き。
ダックスじゃなくってもぐが好きっていうのと同じ
(笑)

投稿: よしみママ | 2010年1月15日 (金) 16時15分

よしみママさん
本当は同じ角度から同じ条件で撮りたかったんだけれど、キッドの残念な脳みそは現地につくとそういったことをすべて忘れてしまうんだ
やっぱり家族ですもんね
うちも犬じゃなくてモネ、ベネ、レイが大好き!
だってみんなそれぞれに個性があって同じじゃないもん!

投稿: KID★ | 2010年1月15日 (金) 22時15分

いつかはサルーキーをと思っていましたが、お留守番に向いていないと言うことなので我が家では難しいですね。
共働きなので、ほぼ昼間お留守番なんです。
うちのウィペットは1階フリーでお留守番できるのでいいんですが。
定年後に飼える犬種じゃないですしね。
主人の出世だのみか・・・(賭けだ!)

投稿: rinomasa | 2010年1月18日 (月) 14時23分

rinomasaさん
サルーキがお留守番が苦手と言っても、躾け次第ではお留守番が可能になりますよ
うちもモネ君飼い初めの頃は1人暮らしで・・・・
まぁお留守番できるようになったんですが・・・
家は建て替えることにしました^^(失敗しとるやん!
ウィペットちゃん達がいるから大丈夫かな?とも思うんですが、うちのレイちゃん人間がそばにいなくなった瞬間キュンキュンキャンキャン叫びだします・・・・
とりあえずサルーキを飼うにあたって大変お世話になったサイトHounds of the windからこの一言
サルーキーの留守番トレーニングとは細心の注意を払っての躾と言うことになる。
アドバイスとしては留守番トレーニングは早くとも生後6ヶ月以降始めることを薦める。
つまり慣れた環境の中で数分から15分程度までを最初の段階とし、生後一年を過ぎるまで8時間以上の留守番をさせることはいかなる場合にも薦められない。
これらに無理をすると犬は取り残されることに不安を感じ、その表現として周辺環境を汚したり他の問題行動を取ることが容易に予想されるからだ。

YOUかっちゃいなYO!と無責任なことは全くいえませんがサルーキは他の犬にはない素晴らしい魅力を備えていますよ(ホホエミ
そして私は旦那さんを応援しています('∇')

投稿: KID★ | 2010年1月19日 (火) 21時37分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サルーキ派?ボルゾイ派?それとも?:

« Dive into Wakasa ~パパラッチ~ | トップページ | ベネ2歳になったよ! »