« 霧雨湿るるボルゾイどじょうすくいpart2 | トップページ | やっぱりケーキが好き »

2010年11月 3日 (水)

KIDSIZEカメラ【構図編】

リクエスト受けなくても書き続けるKIDSIZEカメラ
早くも第3回【楳図編】です


さぁまずは↓の写真をご覧ください

Kid_2346
いっけん何の変哲もないモネ君の写真ですが
いまいちなんというかバランスが悪く感じませんか?

この写真を6つに分割してみましょう

Kid_23461
さらに6分割した際のひとつの交点にモネを合わせてみましょう

Kid_23462

Kid_23463
どうでしょう?
前の写真より安定して見えませんか?

これは【三分割法】という構図を用いたものですが、このように構図法を知ることによりより安定した写真が撮れるようになるとかならないとか

さてさてそれでは代表的な構図法をKIDSIZEな写真とともに見ていきましょう


【日の丸構図】
写真の失敗例として良く挙げられるのが日の丸構図
名前のとおりわが国の国旗のように被写体が写真の真ん中に鎮座するような写真です

Kid_2434
確かに平凡というか面白みにかける写真ですね

無駄な空間が多く何を伝えたいのかはっきりしません
これが日の丸構図が失敗写真の代名詞と揶揄される理由だったりします

しかし同じ日の丸構図でも

Img_1477
Img_14771
この写真のような場合は失敗写真とはいえないと思います

日の丸構図は動物のかわいさを存分に引き出す構図です
ただし注意しなければいけないのは、背景をなるべくシンプルにすることです
上の写真では背景をぼかすことにより幼少期のベネをしっかり強調していますが、まだまだ背景が煩雑です

Img_8656
これも背景がごちゃごちゃしすぎ

Img_0322
これもごちゃごちゃしてるなwwww

Dpp_0033
てことで理想的なのはこういうの
ぜんぜんかわいらしさ強調できてないけどwww

露出を上げるとかわいらしさが出てくるんですがね・・・
まぁ、その他の写真もかわいらしさはしっかり伝わっていればうれしいんだけれども


【黄金分割】
皆さん黄金比という言葉をご存知ですか?
ご存じなければ つwiki黄金比
そんなわけで写真の構図のひとつの指標として黄金分割なるものがございまして

Img_47301Img_4730
赤線で示したようにまず対角線を引き、別の頂点から対角線に垂直な線を引いた交点が黄金分割点となり、そこに被写体を配置することで、適正で美しい構図を生む指標となるんだそうです

Img_4850
こういう写真好きなんです

【三分割】
一番最初に例を出しましたが、黄金分割に近似したもので
縦横それぞれを三分割した線の交点に被写体を配置する方法と、画面を三分割した線を軸に構図を決定していく方法があります

Img_4845
まぁ少しずれちゃってますが
【上】空
【中】海
【上】砂利浜
と三分割しているわけですね~

Img_5527
これもまぁそんな感じ?
海と引き潮に写るレイを入れたいので必然的にこういった構図になるわけですが


そのほか構図の基本として目線等の向きに余白を開けるというのがあるようです

Img_0378
見ている方向に空間を空けることによって見る人に目線の先に何かがあるのか 想像されるのが狙いだとかなんだとか

Img_0391
確かに見ている方向、進行方向を空けることによってこの写真なら海に向かっているなとか海を見て何を思っているんやろ?とか色々感じることができますね~

Img_0634
モネ君風を受けて気持ちよさそう
空間を空ける方向が反対だとただ目をつぶっている写真になりかねませんよね

Img_8823
これなんかもシルフィーちゃんと愛理ちゃんの会話が今にも聞こえそうな気がします

目線って大事


そして写真を撮影するときの高さ

Img_8113
上から

Img_0167
少し上から

Img_0293
犬と同じ目線で

Img_8087
犬より低い位置から

低くなるにつれダイナミックな表現になるのがおわかりいただけますでしょうか?

犬の写真の基本はおそらく皆さんご存知のように犬と同じ目線で撮ることです
ただ、転がるボールを必死に追う姿やみんなで群れながら走る姿の時は上から
迫り来る犬の緊迫感や躍動感をより表現したければ下からなど撮影する高さにも注意を傾けると面白いのかも知れません


後私が注意しているのは背景が綺麗な場合は

Img_5132
垂直でも斜めでもなんでも良いのでラインを設けてメリハリをつけることです
この写真の場合、より疾走感が表現できるよう斜めのラインが走るように気をつけました

Img_8851
とにかく進行方向に合わせて斜めw

Img_8685
そこにあるものは上手く使ってフレームの中のフレーム

Img_8697
劇場の幕をイメージしたけど木が太すぎた・・・・

Img_5893
基本のまっすぐ横線

Img_5895
砂浜の犬と道路側の生活感漂うスラムとの対比線

Img_5900
進む道は暗雲立ち込める

まぁ背景をしっかり見せたい場合は線を気にしますが
背景が平凡なドッグラン等では逆に背景をあまり見せないようにしたいです

Kid_2245
どうしても目がいきがちなドッグランの外側の町並みや人工物は犬が元気に走り回る風景に不釣合いな気がしてだめなんですよね~

Kid_1662
とにかく主役である犬の面白さで勝負!



な~~んて今回はかなりえらそうなこと書いたけど実際構図法を意識して写真を撮ることなんてほとんどないですし

やっぱり一番はセンスですよね
センス欲しいなぁ~><

Img_5595

Img_3478

Kid1084


いつも応援ありがとうございました。
これからも応援よろしくお願いしました。
サルーキブログランキング
ボルゾイブログランキング

|

« 霧雨湿るるボルゾイどじょうすくいpart2 | トップページ | やっぱりケーキが好き »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297896/37506818

この記事へのトラックバック一覧です: KIDSIZEカメラ【構図編】:

« 霧雨湿るるボルゾイどじょうすくいpart2 | トップページ | やっぱりケーキが好き »