« 清里で久々の再開を分かち合う | トップページ | 超久々の更新 »

2010年12月25日 (土)

父のことで今更ながらお知らせ

書くか書かかまいかすごく悩んだのですが
多くの方に心配していただいていたので書くことを決心しました


去る12月6日20時23分父が逝去しました


あれは8月の猛暑が続いた日
父「夏ばてか知らんけどなんかしんどいねん」
この言葉が始まりでした


近所の病院に行くと
ヤブ「血圧が少し高めやし高血圧やなぁ~クスリ出しとくわ」
しかし、長年連れ添ってきた母には異常に思えたのでしょう
母「そんなんおかしい!そんなクスリ呑んだらあかん!大きい病院行くで!」


すぐさまMRI等予約し


結果・・・・




肺がん
進行度はIV期
父がしんどがっていた理由は肺に水がたまり心臓を圧迫していたからだそうで
さっそく水を抜く手術をし、家族には医師から説明を受けました


肺がんは自覚症状がなく、気づいた頃にはほとんどの場合IV期ほどまで進行しており一般的な余命平均で半年とのこと

今は治療を隠して行うことはできないのでがんであることを告知しなければいけない
抗がん剤治療は、抗がん剤で症状が軽減することもあれば死ぬこともある
などなど色々な説明を受けました

とりあえず今すぐには父にがんであることを告げず(入院してすぐのため)、安定しているときに母の口から告げると決めました


医師からの説明を受けたあとは父に涙の跡等悟られぬよう少し廊下で心を落ち着かせてから病室に戻り
「えらい大変やったな~。肺に水がたまっててんて?しかしよう入院するなぁ?」
などと軽口をたたきながらも父に今の状況を悟られまいと必死でした


それから父に告知し
父から「抗がん剤治療を受けたい」との申し出もあり長く苦しい抗がん剤治療が始まりました


一度目の抗がん剤投与
最初のためか大きな副作用もなく病室でも元気にしていました


そしてレントゲンをとって見ると腫瘍が小さくなり
抗がん剤が効いている!


父は泣きながら喜びました



しかし・・・・


その後行われたPET検査で脊椎への転移を確認
背骨ががんに侵され真っ黒になっていました


せっかっく抗がん剤が効いた!
生きる希望が見出せた!
これは言わないでおこう


そして2度目の抗がん剤投与
ありありとあらわれる副作用

ふさふさの毛が髪を掻き揚げると抜けていき
食欲は減衰
手足のしびれ

突然杖なしでは歩けなくなり
白血球等の数値もあがらず


3度目の投与

そして4度目
父「4回抗がん剤打ったのにしんどい・・・がんはもう治ったんちゃうんか?」
自分の体のことだから本当はわかっていたんでしょうが、治ったと思いたかったのかよくこの言葉を口にしていました


父「お前に色々教えておかなあかんことがある」
と言いいろんな地元の役の話も教えてくれました

まだ他人のことを気遣えるなら大丈夫!


でも母は、「最近甘えるようになってきて、昔は一緒に寝ててもうるさい!とか言ってた人やのに。人は死ぬ前に幼児がえりするとか言うし」
不吉なこと言うなや!なんて言ってましたが

その後また入院し、低ナトリウム症で意識障害が・・・

しかしなんとか退院し



12月3日
父「しんどいから救急車呼んでくれ」


12月4日
医師より家族全員を呼んでの説明
2011年を目指してがんばりましょうと話をしました


12月6日
母より「お父さんの血圧が急に下がりだしてん!すぐ病院へ来て!」
病院へ駆けつけると酸素マスクをしてモルヒネ(のようなもの)を投与され意識朦朧の父が
とりあえず病院に泊まる準備をし一晩付き合うつもりでした
今晩が山かも知れんな・・・


私には兄がいて東京に住んでいるのですが
母「Mは何回も戻ってきてもらうのも悪いし呼ばんでいいな?」
「いや!呼んだれ!もし万が一があったら一生恨まれんぞ!」

しかし東京から大阪
電波はすぐにでも届くけれど
急いでむかっても20時半


その間にも容態が悪化する父
嫁に白いシーツや枕カバーを買いに行かせ病室にも来てもらいました


まだぼんやりとだけれど、明日は迎えられると思っていましたが
白いハンカチが売ってなかったと言うので病院の前のコンビニに買いにっていると母から電話が
「血圧が60まで下がってん!早く帰ってきて!」


それからはみるみると血圧が下がっていき
みんなで必死になって声をかけました!

Mが来てくれるねんで!来るまでがんばりや!
その声に反応するかのようにゆっくりと一呼吸


それを何度か繰り返し

兄を待とうと最後の気力を振り絞った父でしたが
体のほうがついていかなかったようです・・・



死亡の理由は抗がん剤投与により心臓の周りに壁ができ心臓を動かす力が弱くなっていたことでした・・・



本当に抗がん剤治療を受けてよかったのだろうか?
未だに悩みますが
本人はそれにかけていた
最後は苦しまずに家族に見守られて逝けた

それでよかったのかもわかりませんが



生前は友達が少ない、変わり者、頑固等言われていた父ですが
葬儀には本当に多くの方に参列していただき
母に「ほら!友達少ないとか言ってたけどいっぱいいてるやん!泣いてくれる人もおるし!」なんて話をしていました


人には努力するところをみせたくない人でした
勉強が好きで、モルヒネ等悟られないようにしててもすぐ気づくぐらいがんのことも勉強していて
発明品もあります
でもお金には執着がなく発明品も特許などはとらず
人のためになるならと身を捧げるような人でした
ですから多くの人が心から泣いてくれました



昔はよく喧嘩もしたけれど
社会人になってからは仲良く
定年してからは地元のためにとがんばり
私も定年してからが輝くときやな!第二の人生満喫せなな!などと喜んでいました



最後まで人に迷惑をかけまいと
家族を思いやっていました

|

« 清里で久々の再開を分かち合う | トップページ | 超久々の更新 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お父様のご冥福を改めてお祈りいたします。

幸い私の両親はまだ健在です。
今のうちに親孝行しておかなければと考えさせられました。

投稿: ゆ~じぃ | 2010年12月26日 (日) 00時26分

努力をする所を他人に見せたくない なんか分かる気がします ご冥福を祈ります

投稿: リオンカノンパパ | 2010年12月26日 (日) 00時44分

お父様、頑固で努力家で家族に愛されて、素敵な人生でしたね…!
心からご冥福をお祈り申し上げます。

投稿: どりさん | 2010年12月26日 (日) 08時36分

とても素敵で幸せな人生を送られたお父様ですね。

心からご冥福をお祈り申し上げます。

投稿: クワmama | 2010年12月26日 (日) 11時42分

大変だったのですね。ブログが更新されないから何かあったのかなとは思ってましたが…非常に残念なお知らせでした。
私の父も、昨年9月に倒れ、なんとか命は取り留めたものの、下半身不随で今でも入院中です。休みは父のために時間を使っております。もし、なにかあった時後悔したくないし、やはり親ですから、してあげられる事はすべてしてあげたいと思いますよね。キッドさんのお父様は残念でしたが、これからはお母様の支えになってあげて下さいね。
長くなりましたが、心からご冥福をお祈り申し上げます。

投稿: クレアママ | 2010年12月26日 (日) 14時03分

家族思いの方だったですね。
これからは残されたお母様の支えになってあげてください。
心からご冥福をお祈り申し上げます。

投稿: ikuji家 | 2010年12月26日 (日) 16時49分

ご冥福をお祈り申し上げます。
KIDさんのご心痛を察すると胸がつぶれる思いがいたします。お力をお落としのことと存じますが、どうか、お気持ちを強く持たれますように。

投稿: クレアPAPA | 2010年12月26日 (日) 21時48分

年齢的なものでしょうが・・・;
近年身近な人達の体調不良を聞いており、
(母親と親友父・大腸がん、もう一人の親友父・胃ガン全摘;)
他人事でなく、心配してました。

ご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

何度も書き直しましたが申し訳ない;
他にお悔やみの言葉が出てきません;

他の方々が仰る通り、お気を落としているであろうお母さんを大事にしてあげてください。

投稿: kakyou | 2010年12月27日 (月) 03時53分

大変でしたね‥。
息子にとって父親は大きな存在ですから
亡くされた悲しみはいかばかりかと心中お察しいたします。
偉大なお父様のご冥福を心よりお祈りいたします。

投稿: デュークの母 | 2011年1月 4日 (火) 20時06分

ゆ~じぃさんcloud
お悔やみの言葉ありがとうございます。

親にとっては元気に幸せにいきてることが一番の親孝行だそうですよ!
うちは学生時代にそれはもうどこにも出せない、誰にもいえないそれは想像を絶する親不孝息子だったので
成人してからは迷惑かけた分親孝行しようとしましたけどね

投稿: KID★ | 2011年1月18日 (火) 19時31分

リオンカノンパパさんcloud
お悔やみの言葉ありがとうございます。
生前の頃から色々とお話いただき心が軽くなりました。

男は寡黙であれですね。
私はついついなんでも喋ってしまうので真似できないなぁ(笑)

投稿: KID★ | 2011年1月18日 (火) 19時33分

どりさんcloud
温かいお言葉ありがとうございます。
頑固でしたね~
神経質でしたね~
どちらも私に受け継がれちゃいましたね~;;

投稿: KID★ | 2011年1月18日 (火) 19時34分

クワmamaさんcloud
お悔やみの言葉ありがとうございます
素敵な人生だったかはわかりませんでしたが、最後だけは家族に温かく見守られましたし、生まれてきて良かったと思えるような人生を送れたんじゃないかと思っています

投稿: KID★ | 2011年1月18日 (火) 19時36分

クレアママさんcloud
ご心配をおかけしました。
クレアママさんも大変な状況なのに優しいお言葉ありがとうございます。
最後まで何かしてあげようとすれば不思議と悲しみも軽減されるものです。
お父様の残された時間がすばらしいものになるよう心から祈念もうしあげます。
人は後半年とか聞いたときにはすごく優しくなりますが、それも2ヶ月ほどで忘れて悪態とかついたり慣れてしまうものですが、そこは残された人生を幸せにしてあげるためにとぐっとかみしめて・・・ってそれはうちだけかなw

投稿: KID★ | 2011年1月18日 (火) 19時41分

ikuji家さんcloud
お悔やみの言葉ありがとうございます。
周りからは理解されてませんでしたが、家族を中心に物事を考える父でした。

投稿: KID★ | 2011年1月18日 (火) 19時42分

クレアPAPAさんcloud
お心遣いありがとうございます
普段から空気のような父でしたから、まだ亡くなったんだという実感がわかないのが正直なところです。
なんかひょっこり現れそうな気がするんですよね~
そんなことありえないんですけどね~

投稿: KID★ | 2011年1月18日 (火) 19時47分

kakyoたんcloud
いいよいいよ
言葉なんて
気持ちは十分届いてるよ
私もいろんな人の不調を聞いてて
いろんな人からアドバイスをもらって
おかげで看どれたと思えた
あれ?誰もそんな話してない?w

おかんはたまに親父の話して泣かせてるぜ!(鬼

投稿: KID★ | 2011年1月18日 (火) 19時50分

デュークの母さんcloud
お悔やみの言葉ありがとうございます。
影響の大きいといったような父ではありませんでした
偉大でもありませんでした
見事にマスオさんでした
でもだからこそ大事にしたらねばと思える父でもありました

投稿: KID★ | 2011年1月18日 (火) 19時53分

皆さん本当に多くのお悔やみの言葉改めて感謝申し上げます
66歳・・・なんとも言えない年齢でしたが
最後までがんばりました
残された私たちにできることは、父に託された思いをしっかりと成し遂げること
残された母の助力になること
そして何より犬たちを含め私たち家族が健康で明るく暮らすことだと思っています
どうかこれからも変わらぬご助力のほどよろしくお願い申し上げます

投稿: KID★ | 2011年1月18日 (火) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297896/38215267

この記事へのトラックバック一覧です: 父のことで今更ながらお知らせ:

« 清里で久々の再開を分かち合う | トップページ | 超久々の更新 »